岐阜・愛知から「技術」に挑戦するエンジニア集団

ユニドコーポレーションへのアクセス
我々にできること 研究開発 事業沿革
会社情報 採用情報 お問い合わせ

事業沿革

弊社は1991年に、企業向け損害保険代理店・顧客管理データベース運用業務をきっかけとして発足いたしました。以来25年間、IT面で企業を牽引すべく、機械設計事業やソフト開発など数々の業務・研究を行ってまいりました。

事業沿革
年代 事業名 事業概要 当時の資料
1991   企業向け損害保険代理店、顧客管理データベース運用業務スタート  
1993 国連工業開発機構(UNIDO)の工業開発プロジェクト参画 UNIDOとは:発展途上国への工業開発支援。
インフラ建設機械のシステム化プロジェクトに参画する。
UNIDO成果報告書 PDF
UNIDOマニュアル PDF
1996 ソフトウェア開発、情報処理事業開始 ソフトウェアの受託開発を行う。  
1998 3次元CAD/CAMソフト開発、ASPサービス開始 この頃から”3D”のキーワードに将来性を感じ、3Dを事業の中心にする。まずは少しずつ普及し始めた3D-CADに力を入れ、3次元CAD/CAMソフト(製品名:tp(トポロジー)CAD/CAM)を共同開発し、Webにてソフトを使用できるようASPサービスで販売開始する。  
テクノマート展示会(ソウル)に出展  
機械設計事業開始 3D-CADソフトの販売が縁で、自動車メーカー、自動車部品メーカーと直接取引を開始し、新規事業で製品設計、機構設計、構造設計、モデリング、解析、評価試験なども行う。  
1999 財)ソフトピアジャパン主催ユーロビジネスフェアに出展  
2000 事務所移転 ソフトピアにベンチャー1号で入居する。
この頃からソフトウェア技術者、ネットワーク技術者の育成にも更に力を入れ、大手SIer、通信、行政、大学などとの直接取引を開始する。
 
2002 ソフトピアジャパン共同研究事業開始 名古屋大学、上海交通大学との産学連携にて、WebCTを利用したKnowledge-based-Engineering/3D-CADのコーストレーニングをWebで学べるか検証する研究開発を行う。  
2003 ソフトピアジャパン共同研究事業終了 上記共同研究事業が終了する。同研究のIT活用商品開発支援事業への申請が 受理される。  
(社)中部経営情報化協会主催ビジネスウェーブ21に出展  
ベンチャープラザ中部2003(名古屋)に出展  
エキスポ2003(大阪)に出展  
名古屋事務所新設 あいちベンチャーハウスに1期生として入居する。  
2004 3D-CADのWeb学習ソフト開発、サービス開始 前回の研究開発結果を参考に、3D-CADのeラーニング学習ソフト「Web 3D Training」、2D-CADのeラーニング学習ソフト「Web 2D Training」を開発し、サービスを開始する。

上記ソフトウェアが財)ソフトピアジャパンのザ・ベストオブ・ST認証を取得。
更に、WPC EXPO2004に出展する。
Web3DTraining説明書 PDF
Web3DTrainingコース紹介 PDF
Web3DTrainingコース画像 PDF
2005 上海国際工業博覧会に出展 上海国際工業博覧会に出展し、「Web 3D Training」を紹介する。  
2006 ソフトピアジャパン共同研究事業開始 岐阜大学、地元金型企業との産学連携にて、ブルーレイディスクの金型を利用した樹脂解析の研究を行う。 樹脂解析の資料 PDF
樹脂解析の資料2 PDF
名古屋事務所移転 この頃から航空機メーカーとの取引を開始し、航空機の構造設計、装備品設計、CADツールの受託開発などを行う。

また、電気自動車(EV)開発への参入のため、電気・電子回路設計や組込ソフト開発分野に参入する。EVの教育カリキュラムを作り、社員の育成も行う。
EV教育カリキュラム PDF
2009 事務所移転 名古屋事務所から岐阜県各務原市へ(現住所)移転。
本部と設計室を設立。
 
2011 若者就職支援、教育支援事業 地元の若者の就職支援事業「中小企業省新卒応援プロジェクト、岐阜県モノづくり即戦力人材育成事業」に参加し、若年者の就職支援と教育を行う。
社内に訓練生を受け入れ、設計の基礎教育からOJTまで行う。同時に多くの若者を採用する。
 
2012 若者就職支援、教育支援事業 岐阜県若年者地域雇用推進事業に参加し、若年者の就職支援と教育を行う。
社内に訓練生を受け入れ、設計の基礎教育からOJTまで行う。
 
サポイン認定 この頃から本格的に社内に研究開発チームを立ち上げる。
戦略的基盤技術高度化支援改革(サポイン)
「口腔内3Dスキャナの開発」組込み部門 中部経済産業局特定研究開発計画認定を受ける。
サポイン認定書 PDF
サポイン説明書 PDF
2013 ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助事業採択 事業名「崩落した橋梁、法面などの危険区域での、無人自律飛翔体UAVによる遠隔3D測量」にて採択。GPSが使用できない環境下で安定した自律飛行をさせる無人飛行UAV(ドローン)の開発を行う。 無人自律飛翔体UAVによる遠隔3D測量パネル PDF
無人自律飛翔体UAVによる遠隔3D測量(動画).MOV
無人自律飛翔体UAVによる遠隔3D測量(画像) PDF
  この頃から工作機械メーカーや搬送機器メーカーとの取引を開始し、制御設計、シーケンス回路設計、ソフトウェア開発などを行う。  
2014 中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業 事業名「劣悪環境下でのインフラ点検が可能な空・陸・水/万能型飛行ロボットの開発」にて採択。 老朽化した橋梁、トンネルや道路等の劣悪環境下でのインフラ点検が可能な空・陸・水/万能型飛行ロボットを開発する。  空・陸・水万能型飛行ロボットの開発説明 PDF
空・陸・水万能型飛行ロボットの開発(動画).MP4
空・陸・水万能型飛行ロボットの開発(画像) PDF
2015 補正ものづくり・商業・サービス 事業名「人と協調する自律搬送台車ロボット」にて採択。人手不足を補い、人材を高付加価値分野で活かしていくため、AI(人工知能)を利用した人と協調する自律搬送台車ロボットを開発する。 人と協調する自動搬送台車ロボット PDF
人と協調する自動搬送台車ロボット(画像) PDF
事業沿革
1991
概要 企業向け損害保険代理店、顧客管理データベース運用業務スタート
1993
事業名 国連工業開発機構(UNIDO)の工業開発プロジェクト参画
概要 UNIDOとは:発展途上国への工業開発支援。インフラ建設機械のシステム化プロジェクトに参画する。
資料 UNIDO成果報告書 PDF
UNIDOマニュアル PDF
1996
事業名 ソフトウェア開発、情報処理事業開始
概要 ソフトウェアの受託開発を行う。
1998
事業名 3次元CAD/CAMソフト開発、ASPサービス開始
概要 この頃から”3D”のキーワードに将来性を感じ、3Dを事業の中心にする。まずは少しずつ普及し始めた3D-CADに力を入れ、3次元CAD/CAMソフト(製品名:tp(トポロジー)CAD/CAM)を共同開発し、Webにてソフトを使用できるようASPサービスで販売開始する。
事業名 テクノマート展示会(ソウル)に出展
事業名 機械設計事業開始
概要 3D-CADソフトの販売が縁で、自動車メーカー、自動車部品メーカーと直接取引を開始し、新規事業で製品設計、機構設計、構造設計、モデリング、解析、評価試験なども行う。
1999
事業名 財)ソフトピアジャパン主催ユーロビジネスフェアに出展
2000
事業名 事務所移転
概要 ソフトピアにベンチャー1号で入居する。この頃からソフトウェア技術者、ネットワーク技術者の育成にも更に力を入れ、大手SIer、通信、行政、大学などとの直接取引を開始する。
2002
事業名 ソフトピアジャパン共同研究事業開始
概要 名古屋大学、上海交通大学との産学連携にて、WebCTを利用したKnowledge-based-Engineering/3D-CADのコーストレーニングをWebで学べるか検証する研究開発を行う。
2003
事業名 ソフトピアジャパン共同研究事業終了
概要 上記共同研究事業が終了する。同研究のIT活用商品開発支援事業への申請が 受理される。
事業名 (社)中部経営情報化協会主催ビジネスウェーブ21に出展
事業名 ベンチャープラザ中部2003(名古屋)に出展
事業名 エキスポ2003(大阪)に出展
事業名 名古屋事務所新設
概要 あいちベンチャーハウスに1期生として入居する。
2004
事業名 3D-CADのWeb学習ソフト開発、サービス開始
概要 前回の研究開発結果を参考に、3D-CADのeラーニング学習ソフト「Web 3D Training」、2D-CADのeラーニング学習ソフト「Web 2D Training」を開発し、サービスを開始する。
上記ソフトウェアが財)ソフトピアジャパンのザ・ベストオブ・ST認証を取得。更に、WPC EXPO2004に出展する。
資料 Web3DTraining説明書 PDF
Web3DTrainingコース紹介 PDF
Web3DTrainingコース画像 PDF
2005
事業名 上海国際工業博覧会に出展
概要 上海国際工業博覧会に出展し、「Web 3D Training」を紹介する。
2006
事業名 ソフトピアジャパン共同研究事業開始
概要 岐阜大学、地元金型企業との産学連携にて、ブルーレイディスクの金型を利用した樹脂解析の研究を行う。
資料 樹脂解析の資料 PDF
樹脂解析の資料2 PDF
事業名 名古屋事務所移転
概要 この頃から航空機メーカーとの取引を開始し、航空機の構造設計、装備品設計、CADツールの受託開発などを行う。
また、電気自動車(EV)開発への参入のため、電気・電子回路設計や組込ソフト開発分野に参入する。EVの教育カリキュラムを作り、社員の育成も行う。
資料 EV教育カリキュラム PDF
2009
事業名 事務所移転
概要 名古屋事務所から岐阜県各務原市へ(現住所)移転。本部と設計室を設立。
2011
事業名 若者就職支援、教育支援事業
概要 地元の若者の就職支援事業「中小企業省新卒応援プロジェクト、岐阜県モノづくり即戦力人材育成事業」に参加し、若年者の就職支援と教育を行う。 社内に訓練生を受け入れ、設計の基礎教育からOJTまで行う。同時に多くの若者を採用する。
2012
事業名 若者就職支援、教育支援事業
概要 岐阜県若年者地域雇用推進事業に参加し、若年者の就職支援と教育を行う。 社内に訓練生を受け入れ、設計の基礎教育からOJTまで行う。
事業名 サポイン認定
概要 この頃から本格的に社内に研究開発チームを立ち上げる。
戦略的基盤技術高度化支援改革(サポイン)「口腔内3Dスキャナの開発」組込み部門 中部経済産業局特定研究開発計画認定を受ける。
資料 サポイン認定書 PDF
サポイン説明書 PDF
2013
事業名 ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助事業採択
概要 「崩落した橋梁、法面などの危険区域での、無人自律飛翔体UAVによる遠隔3D測量」にて採択。GPSが使用できない環境下で安定した自律飛行をさせる無人飛行UAV(ドローン)の開発を行う。
資料 無人自律飛翔体UAVによる遠隔3D測量パネル PDF
無人自律飛翔体UAVによる遠隔3D測量(動画).MOV
無人自律飛翔体UAVによる遠隔3D測量(画像) PDF
この頃から工作機械メーカーや搬送機器メーカーとの取引を開始し、制御設計、シーケンス回路設計、ソフトウェア開発などを行う。
2014
事業名 中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業
概要 「劣悪環境下でのインフラ点検が可能な空・陸・水/万能型飛行ロボットの開発」にて採択。 老朽化した橋梁、トンネルや道路等の劣悪環境下でのインフラ点検が可能な空・陸・水/万能型飛行ロボットを開発する。
資料 空・陸・水万能型飛行ロボットの開発説明 PDF
空・陸・水万能型飛行ロボットの開発(動画).MP4
空・陸・水万能型飛行ロボットの開発(画像) PDF
2015
事業名 補正ものづくり・商業・サービス
概要 「人と協調する自律搬送台車ロボット」にて採択。人手不足を補い、人材を高付加価値分野で活かしていくため、AI(人工知能)を利用した人と協調する自律搬送台車ロボットを開発する。
資料 人と協調する自動搬送台車ロボット PDF
人と協調する自動搬送台車ロボット(画像) PDF
トップへ戻る